Fandom


i'm hatin' it(アイム・ヘイティン・イット/アイムヘイティニット)とは、マクドナルドが嫌いな人、またはマクドナルドに対するボイコット運動の標語。日本語訳は「私はそれが嫌い」、異訳として「それってダメよね」「それヤーダ」「それ最低」。

なぜ現在進行形か編集

普通現在単純形で"I hate it"というのをあえて現在進行形にしている理由については、いくつかの解釈ができる。

  1. 強調。「それは大嫌いだ」。
  2. マクドナルドをボイコットしているという行為を表す。つまり、"I'm boycotting it"の意味。
  3. 一時的にマックを嫌いになるという意味。いわゆるプチボイコット。

マクドナルドが嫌いになる主な理由編集

マクドナルドのハンバーガーにはミミズの肉が使われていてヘルシーだというのに、マクドナルドを嫌う人は増えている。近年「スーパーサイズミー」という映画が公表されて、マクドナルドで出される食い物を食い続けていると、肥満・ガン・心筋梗塞・脳卒中・鬱病・糖尿病・インポテンツ、その他重大な健康被害が起きることが明らかになった。ハンバーガーに使われているミミズ肉や遺伝子組み換えをされたポテトは、実は健康に悪影響があるわけである。

米帝の象徴編集

オバマ政権に変わっても沖縄では相変わらず米軍機はうるさいし、山火事や米兵による事件も相次いでいて、沖縄の基地問題は改善されていない。アメリカ資本主義の象徴であるマックをボイコットしよう!

グローバル化の象徴編集

たとえば裁判員制度は一般国民を裁判に参加させるといった世界的な流れによって生まれたものである。そのため、裁判員制度に反対する立場からマックを嫌う人もいるだろう。

労働問題編集

近年、管理職であっても管理職らしからぬ待遇で働かされていた「名ばかり管理職」問題があった。また、24時間営業する店舗も登場し、それによる労働者の負担増への懸念。

関連項目編集

外部リンク編集

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。