日本さいころペディア
Advertisement

進生党(しんせいとう)とは、日本の政党政治団体

歴史[]

いわゆる55年体制崩壊後の日本において、さまざまな政党が離合集散を繰り返したが、その中からかつての中道政党の流れをくむ若手国会議員が中心となり発足した。創生党との連立によって与党の一角をしめていたこともあるが、現在は下野している。

政治思想[]

寄せ集め政党であるために一貫した政治姿勢はなく、あえて言えば外交における「反民自党」であることが特徴である。 支持母体に労働組合を持つために労働者の権利に対して強い姿勢で主張することがあるが、議員の多くは地方の有力者の家系であるために、労働者や庶民の立場を真に代弁しているとは言いがたい。

特徴[]

野党第1党でありながら、政権与党に対する不満を持つ層の期待の受け皿となるような有効な政策を打ち出すことができず、世論調査等での支持率は決して高くはない。

  • 歴代の党首はインテリ風の男性であり、一流大学を卒業した元官僚である。庶民の見方のようなことを言うが実家はたいてい超金持ちである。中国政府の工作員である美女に篭絡されている。
  • 副党首は元労働組合議長である。優柔不断なために面倒な役割を押し付けられているだけであり、政治的な能力はあまりない。本人もそれを理解しているので、常にまわりの顔色をうかがっているために、挙動不審である。
  • 常に中国朝鮮在日外国人組織などとの関係が噂されている。
  • 朝鮮玉入れ資金との関係が噂されているが、解明しようとすると海岸から(検閲により削除)。
  • 大物議員の息子は、できがよい場合は公設秘書や政策秘書となり、できが悪い場合は公立学校教員新聞社に就職して女性問題を起こすことが多い。
  • 女性議員はフェミニズム市民運動との関係が強いが、既婚議員の場合、たいていは夫の働きが悪いためにパートに出てパート労働組合の役員をやらされたり、夫との関係における不満をごまかすためにボランティアや市民運動に参加しているうちに担ぎ上げられたりして議員になるケースが多い。独身議員の場合は「自分さがし」で就職せずにさまざまなバイトをしているうちにたまたま知り合った地方議員のコネで公認を得て対立候補があまりにアレなため棚ボタで議員になるケースが多い。どちらにしろ政治的能力はあまり期待できない。


Advertisement