Fandom


林 忠四郎(はやし ちゅうしろう、1920年7月25日 - 2010年2月28日)は、日本男性宇宙物理学[注 1][1]京都大学名誉教授文化勲章受章者。

人物 編集

京都府京都市出身。天文学原子核物理学素粒子物理学とをつなぐ学問である宇宙物理学の日本における先駆者の一人。京都大学理学部物理学科・天体核物理学研究室の教授を27年にわたって務め、研究の一方で数多の優秀な理論物理学者や宇宙物理学者、天文学者惑星科学者を育てた[2]

また、教室の弟子の論文にはきちんと目を通し、好奇心をもって、論文発表などを聞き、疑問や質問点を聞いていたということである。論文審査などにおいて、自身が納得すると、就職や進学にあたり推薦状を快く書いたというエピソードも残っている。また、教室員と伴に、京都郊外の散策などの行事も企画し、数多くの教室員に慕われた。

退官後、プログラミング言語C言語)を学び、自らも計算していることを明かした[3]

経歴 編集

1920年7月25日、京都市上京区紫竹西南町(現・京都市北区紫竹西南町)に林誠次郎・ムメ夫妻の四男として生まれる[4]。翌1921年7月12日、大叔父・林寛次郎の養嗣子となる[4]1927年4月、京都市待鳳尋常高等小学校に入学し、1933年3月、同校を卒業[4]。同年4月京都府立京都第一中学校(現・京都府立洛北高等学校・附属中学校)に入学[4]。京都一中を4年終了後の1937年4月、第三高等学校理科甲類に入学し、1940年3月、三高を卒業[4]。同年4月、東京帝国大学理学部に入学し、1942年9月、東大理学部物理学科卒業[4]。東大卒業後は東大理学部嘱託及び海軍技術士官を経て1946年に京大理学部の副手、次いで助手となる[4]1949年4月、浪速大学(現・大阪府立大学工学部助教授に就任[4]1954年4月、理学博士号を京大より取得[4]、京大理学部助教授に就任[4]1955年、天文 - 物理の合同研究会をきっかけとして宇宙物理学・天体物理学の研究に専念[5]1957年5月、京大教授[4]1977年4月、京大理学部長となる[4]1984年4月、退官し京大名誉教授となる[4]1987年12月日本学士院会員となる[4]。2010年2月28日、京都市内の病院にて肺炎のため89歳で没した。

業績 編集

受賞・栄誉 編集

家族・親族 編集

林家 編集

林家は元来上賀茂神社大工の棟梁を勤めた家系で[9]、次いで大徳寺の大工の棟梁の家系となり[9]、大徳寺の多くの建物に林家9代目当主林宗名の別名・林重右衛門の銘がある[9]。林家の先祖は正大工河内守藤原宗久で[9]、西加茂の林村に居住していたが[9]1708年頃に大宮郷大徳寺新門前(現・紫竹西南町)に転居した[9]。林姓を名乗ったことが信頼できる公開された情報源検証可能なのは宗名の代からである[10]。忠四郎の生家は1807年に建て替えられ[9]2007年重要文化財に指定される[9]明治維新後大徳寺は檀家の大名を失い経済力がなくなったため林家は大工を廃業した[9]

家族 編集

  • 祖父・信三郎(御所の御陵係)[9]
 ? - 1890年没[9]
  • 父・誠次郎[9]
1879年生 - 1937年5月没[9]
丁稚奉公をしたのち質商の道に進んだ[9]。大宮信用組合に勤務し[9]、紫竹以北の地の区画整理を手伝う等公共事業の遂行に尽力した[9]。1937年5月に脳卒中で没した[9]
  • 兄・重一(誠次郎の長男)[11]
1902年生 - 1987年2月没[11]
妻・フミとの間に1男2女をもうけた[11]。長女・清子は郵政省に勤めていた荒木正太郎に[11]、次女・絢子は医師・矢野正夫に嫁いだ[11]
  • 姉・千代(誠次郎の長女)[12]
1907年生 - 2007年8月没[12]
東京府(現・東京都)で食料品店を経営する吉原七郎に嫁ぎ1男2女をもうけた[12]
  • 兄・孝之助(誠次郎の次男)[13]
1911年生 - 1939年没[13]
叔父・信次郎の養嗣子となる[13]日中戦争で妻と1男を遺し戦死[13]
  • 妻・嘉子[4]
1926年1月25日生 - 2007年8月12日没[4]
  • 長男・暢夫[4]
1952年3月8日生 -[4]

著書・訳書 編集

共著 編集

  • Hayashi, Hoshi and Sugimoto, "Evolution of Stars", Progress of Theoretical Physics Supplement(1962年

編著 編集

訳書 編集

日本天文学会林忠四郎賞 編集

その業績をたたえ、また林自身の寄付金を元に、1996年から日本天文学会林忠四郎賞が創設され、毎年優れた業績をあげた天文学者を表彰している。

  • 1996年度(第1回): 小玉英雄(京都大学教授)・佐々木節(大阪大学教授)「宇宙背景放射ゆらぎの理論」
  • 1997年度(第2回): 牧野淳一郎(東京大学助教授)「重力多体問題シミュレーションによる恒星系力学の研究」
  • 1998年度(第3回): 小山勝二(京都大学教授)「銀河系内プラズマおよび原始星からのX線放射の発見」
  • 1999年度(第4回): 中島紀(国立天文台助手)「低温褐色倭星の発見」
  • 2000年度(第5回): 稲谷順司(宇宙開発事業団研究員)・野口卓(国立天文台助教授)「高感度ミリ波サブミリ波検出器の開発」
  • 2001年度(第6回): 柴田一成(京都大学教授)「宇宙ジェット・フレアにおける基礎電磁流体機構の解明」
  • 2002年度(第7回): 福井康雄(名古屋大学教授)「星間分子雲の網羅的観測による星形成初期過程の研究」
  • 2003年度(第8回): 蜂巣泉(東京大学助教授)・加藤万里子(慶應義塾大学助教授)「新星風理論の構築とIa型超新星の起源の解明」
  • 2004年度(第9回): 須藤靖(東京大学助教授)「銀河および銀河団を用いた観測的宇宙論の研究」
  • 2005年度(第10回): 牧島一夫(東京大学大学院教授)「ブラックホ-ル天体および銀河団のX線観測研究」
  • 2006年度(第11回): 井田茂(東京工業大学教授)「惑星系形成過程の理論的研究」
  • 2007年度(第12回): 嶺重慎(京都大学基礎物理学研究所・教授)「ブラックホール降着流理論と観測による検証」
  • 2008年度(第13回): 杉山直(名古屋大学教授)「宇宙マイクロ波背景放射に関する理論的研究」
  • 2009年度(第14回): 常田佐久(国立天文台教授)「飛翔体観測装置による太陽の研究」
  • 2010年度(第15回): 河合誠之(東京工業大学教授)「ガンマー線バーストの系統的研究」
  • 2011年度(第16回): 田村元秀(国立天文台准教授)「太陽系外惑星とその誕生現場の直接観測による研究」
  • 2012年度(第17回): 松原隆彦(名古屋大学基礎理論研究センター准教授)「統計的摂動解析理論に基づく観測的宇宙論の開拓」
  • 2013年度(第18回): 山本智(東京大学教授)「星間分子雲の化学進化概念の確立と星形成過程の解明への貢献」

参考文献 編集

脚注 編集

注釈 編集

  1. 【訃報】京都大名誉教授 林忠四郎2010年3月1日 アストロアーツ、林忠四郎・京大名誉教授が死去 天文学に原子物理学を取り入れ産経ニュース, 、2010.3.1 12:16、林忠四郎氏が死去:天文学に物理学導入、京大名誉教授京都新聞, 2010年03月01日 12時43分、PDF 訃報稲盛財団ニュース, No.71. 2010.5.31. p.10. いずれも2011-01-14に閲覧。なお、「物理学者」とするものとして、以下がある。『現代人名情報事典』 平凡社1987年8月25日初版第1刷発行、ISBN 4-582-12302-3、806頁 - 807頁に林の項目があるが、林の肩書きは「物理学者」となっている。田中館愛橘記念科学館の公式サイト内にある日本の科学者・技術者100人のページでも林は取り上げられているが、天文・地球のページ(天文学者・地球科学者が取り上げられるページ)ではなく物理のページ(物理学者が取り上げられるページ)で取り上げられている。
  2. この理論はアルファー、ガモフとハンス・ベーテの共著による論文により発表されたが、ベーテは実際にはこの研究には全く関わっていない。

出典 編集

  1. 天体物理学の先駆者:林忠四郎さん業績しのぶ京都新聞, 2010年05月16日 23時20分.2011-01-14に閲覧
  2. 科学研究における研究グループの生産性と質的評価 --- 引用度分析とコミュニティ内評価の相互関係 - グループAが林研究室。
  3. 日本天文学会編、日本の天文学の百年、恒星社厚生閣、2008.4
  4. 4.00 4.01 4.02 4.03 4.04 4.05 4.06 4.07 4.08 4.09 4.10 4.11 4.12 4.13 4.14 4.15 4.16 4.17 『林忠四郎の全仕事』、108頁。
  5. 日本の科学者・技術者100人 物理 林忠四郎 3
  6. 日本の科学者・技術者100人 物理 林忠四郎 2
  7. 7.0 7.1 会員個人情報 - 日本学士院公式サイト内のページ。
  8. 8.0 8.1 8.2 8.3 8.4 8.5 8.6 8.7 8.8 『林忠四郎の全仕事』、109頁。
  9. 9.00 9.01 9.02 9.03 9.04 9.05 9.06 9.07 9.08 9.09 9.10 9.11 9.12 9.13 9.14 9.15 9.16 『林忠四郎の全仕事』、3頁。
  10. 『林忠四郎の全仕事』、120頁。
  11. 11.0 11.1 11.2 11.3 11.4 『林忠四郎の全仕事』、4頁。
  12. 12.0 12.1 12.2 『林忠四郎の全仕事』、5-6頁。
  13. 13.0 13.1 13.2 13.3 『林忠四郎の全仕事』、13頁。
  14. 京都大学学術出版会 - 林忠四郎の全仕事

外部リンク 編集

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。