Fandom


創生党とは、日本の政党政治団体。設立の母体となったのは、宗教団体真道会である。

歴史編集

いわゆる55年体制崩壊後の日本において、さまざまな政党が離合集散を繰り返したが、その中から真道会信者である国会議員が中心となり発足した。進生党との連立によって与党の一角をしめていたこともあるが、現在は下野している。

政治思想編集

宗教団体真道会を母体として設立されたために、真道会の教義に沿った政治的主張を持つ。その多くは小市民的幸福(現世利益)を満たすようなものであるが、根底には真道会を国教とする最終目的が存在することは暗黙の了解事項となっている。

特徴編集

野党第2党であるが、非常に強固な組織票を持つため、世論調査等での支持率に比べて常に高い得票率を得ている。

  • 歴代の党首は真道会会長の側近であり、党首夫人は会長の娘であることが多いが、稀に会長の元愛人である場合もある。
  • 副党首は真道会婦人部の部長である女性が起用されることが多い。ちなみに、婦人部部長になるためには真道会会長の(検閲により削除)。
  • 政治資金には真道会信者よりのお布施が流用されていることは公然の秘密であるが、公の場でそれに触れるとビルの屋上から足を滑らせたりする。
  • 大物議員の息子は、できがよい場合は公設秘書や政策秘書となり、できが悪い場合は真道会系企業に就職して女性問題を起こすことが多い。
  • 女性議員は真道会婦人部の幹部。既婚議員の場合、たいていは夫の働きが悪いためにパートに出て同僚から真道会に勧誘され信者となったり、夫との関係における不満をごまかすために真道会関係の勉強会に参加しているうちにたまたま真道会会長が所属支部を訪れた際に目にとまるなどして議員になるケースが多い。独身議員の場合は「自分さがし」で就職せずにブラブラしているときに同級生などから真道会に勧誘されて信者となり、たまたま真道会会長が所属支部を訪れた際に目にとまるなどして議員になるケースが多い。同党の場合、組織票が非常に確実であるために、公認が得られて立候補さえすればほぼ間違いなく当選することができる。すなわち、真道会の女性信者は、たまたま所属支部を訪れた会長の目にとまり(検閲により削除)すればほぼ確実に議員バッジを手にいれることができる。
  1. REDIRECT Template:スタブ (一般)
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。